下関平家踊保存会 八音会(はっとんかい)  

              

20060804-2.jpg (84784 バイト)20091004009.jpg (70034 バイト)

 

八音会(はっとんかい)

会 長   : 木村和夫

練習会場: 西部公民館

        練習日 :毎週木曜日 

                             (予備日として土曜日)

        時 間 :19:00〜21:00

        練習見学可

                  イベント出演ご依頼など

        問い合わせ:083-223−3767   

                                    (担当 安田)

練習会場:川中支所 2階 (綾羅木駅前)

         練習日:毎週水曜日

         時 間:19:00〜21:00

         練習見学可

         問い合わせ:090−6403−2014

                                  (担当 木村)

八音会の行事予定(詳細は予定をクリック)



教室案内

八音会は、主に下関旧市内地区で活動している歴史のある団体です。子供から大人まで、厳しさの中にも楽しい雰囲気に包まれて練習に励んでいます。

歴史と伝統を大切にしながらも、新しい事にも どしどし挑戦しております。そして私たち自身の活動意欲を盛り上げ、それが皆さんにも楽しんでいただける「下関平家踊り」になることを信じて頑張っています。

どうぞお気軽に、私達の練習会場へおいで下さい。  

20091004005.jpg (82449 バイト)  

 八音会 出演など 
       
       
       
 
大型クルーズ船 「天海新世紀」 歓迎セレモニー
総トン数 71,545 t、全長246 m  旅客定員1808名 乗組員数843名  大きいです!

     


 雨の大坪八幡宮 夏越祭

 
厳島神社 夏越祭  
垢田夏祭り
 
 
アイユウ夏祭り

 
みなとまつりパレードに参加
みなとまつりの
  栄町商店街での出演


陸上競技場
レノファ山口vsFC町田ゼルビアでのハーフタイムショー

 
 ONE DAY Picnic


   
       
カラトピア  平家踊り講習会


     
       

八音会の「はっとん」について
会の創設者が寺院の僧侶であることから、会の名称を「八音会」と命名されたようです。
八音(はっとん)とは仏教の言葉で、仏の音声(おんじょう)に具わる(そなわる)八種の勝れた特質のことを言うそうです。

その八種類の音声特質とは
1、 極好音(ごくこうおん)。  聞く者を仏道に導く妙なる音声。

、 柔軟音(にゅうなんおん)。 聞く者を喜悦させるやさしくおだやかな音声。
、 和適音(わちゃくおん)。  聞く者に理を会得(えとく)させる調和のとれた音声。
4、 尊慧音(そんえおん)。   聞く者に智慧を体得させる尊い智慧の音声。
5、 不女音(ふにょおん)。   聞く者に畏敬の念を起させる音声。
6、 不誤音(ふごおん)。    聞く者に邪を離れ正見を得させるあやまちのない音声。
7、 深遠音(じんおんおん)。  十方に徹し、聞く者に深遠な道理を悟らせる音声。
8、 不竭音(ふかつおん)。   尽きることのない音声、などをいう。
      とあります。
難しい言葉ですが、太鼓、音頭、三味線の音が平家踊りを踊る人々に心地よい心を抱かせながら、一体となることを
願って名付けられた会の名称ですね。

   

  

 

トップページへ