下関平家踊保存会 彦島連





彦島連の所属する下関平家踊保存会はこちら → 下関平家踊保存会 

彦島連の教室などにつきまして

■「平家踊り教室」受講生募集中

対象 小学校4年生以上
日時 毎週水曜日19時〜21時 (お気軽に見学にお越し下さい・受付随時)
場所 彦島公民館 >>地図 
内容 平家踊り教室(太鼓・三味線・音頭・踊り の中のいずれかひとつ)
受講料 無料

申込先・詳細お問い合わせ
下関平家踊保存会 彦島連
    会長 佐々木 猛
    連絡先 090-3637-2795
   

■各種イベント、祝賀会、結婚披露宴、同窓会、地域行事などを平家踊りで盛り上げませんか? 常時出演のご依頼をお受けしております。
詳しくは、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

  下関平家踊保存会 彦島連
    会長 佐々木 猛
    連絡先 090-3637-2795

彦島連出演スケジュール

■ 準備中
      


出演の記録

       
       
       
       


■戦没者追悼盆踊り大会(下関市・忠霊塔)

 
 山口県下関市彦島 老の山花まつり

 前日の大雨、大風から一転しての好天。玄界灘をバックに平家踊を披露しました。今回は太鼓2丁6名、三味線3名、音頭3名の櫓で、踊りはおまつりに来場された皆様が輪を作って踊ってくださいました。

■ 
 麦屋節保存会 設立100周年記念
 越中五箇山 麦屋百年祭 平家伝説
 会場:富山県南砺市立平小学校体育館 






下関市平家踊保存会として、彦島連は三味線と音頭、太鼓を担当し、八音会の太鼓、西山連の踊りの皆さんと合同出演しました。


公演会場から見た五箇山の風景。
流れる川は平家落人がこの川に沿って上り来たと言われる庄川

 麦屋節は源平合戦に敗れ、五箇山に逃げ延びた平家の落人が、かつての栄華を思って唄ったのが始まりとされる国無形文化財です。麦屋節の笠踊りは平家の落人が慣れない手つきで畑を耕し、種をまき、収穫するという四季の営みを表現したものですが、合間合間に盛り込まれる笠を両手で頭上にかざす振り付けは、落人討伐の源氏軍から身を隠す動作とされ、安住の時代のなかなか来ない悲哀を表現しています。また、大正時代以降、麦屋節には様々なバリエーションが生み出され、優雅な女性の手踊りは特にテンポが速く勇壮な太鼓の平家踊りにはない魅力です。

 今回の公演は、正調麦屋節を継承する南砺市平地域の越中五箇山麦屋節保存会(中村松右衛門会長)の設立100周年記念公演「越中五箇山麦屋百年祭」として催されたものです。100周年らしい祈念に残る公演をということで、琵琶語りの田原順子さんによる「平家物語」を題材にした倶利伽羅や壇ノ浦の戦いの一節などを弾き語りでストーリーが構成され、壇ノ浦の一節で私達下関平家踊保存会が「平家踊り」を披露しました。

 当日は、県内外から約530人(北陸新聞社調べ)が訪れ、琵琶の哀調の旋律、リズミカルで勇壮な平家踊り、そして格調高い麦屋節を堪能していただきました。同じ平家伝説つながりとはいえ、いわばアウェイでの公演。お客さまの反応も気になるところでしたが、私達の出演になると会場の至る所からシャッター音の嵐、万歳が終わると拍手の嵐。フィナーレでは感謝のお言葉も会場から投げかけられ、出演者一同大感動の公演でした。

当日の様子は、後日、写真およびユーチューブで配信いたします。

>>あわせて地元の方が書かれた「五箇山 麦屋節の里通信」ブログもご覧下さい。

 公演前日は、参加した平家踊保存会メンバー全員で世界遺産の合掌造りを見学しました。

■彦島地区文化祭

■青島姉妹都市提携30周年

■ 源平 night in 赤間神宮 >>公式サイト


   


下関平家踊り保存会トップページへ戻る


下関平家踊り保存会 彦島連
《お気軽にお問い合わせ下さい》

平家踊り教室お問い合わせ先
下関市役所 彦島公民館
〒7500075 下関市彦島江の浦町1丁目3−1
電話 083-267-1344
イベント等出演依頼・ご相談
下関平家踊保存会彦島連 
会長  佐々木 猛
電話 090-3637-2795


 
 
 
 

■平家ダンス■

平家踊をベースにダンス・ミュージックにアレンジした「平家ダンス」です。提供:WAOクラブ



■会員の声■

三味線の部の藤本ひろみさんが地元FM放送局の番組で平家踊り保存会を紹介しました。
COME ON! FM 「30万人のドラマ・あの人に逢いたい」保存会を紹介しています。尚、職業について話している部分は前職の時に収録したものです。

■練習風景■









 手前から音頭、三味線、太鼓、踊り。合同で練習します。

 勇壮なバチさばき。小学生も練習に来ています。扉の向こうで練習しているのは公民館行事の平家踊り教室の生徒さん。手前で練習しているのは保存会会員です。
 平家踊教室で1年間練習していただき、終了後希望者は保存会に入会できます。イベント等の出演は保存会会員が担当します。