下関平家踊り・ 音頭

那須の与一

 

「那須の与一」


手柄始めは下野の国
那須の与一は誉の次第
姿勢は小兵で御座候えど
積る御歳一九才にて
弓矢一手に名は萬世に
あげし給える所は何処
四国讃岐の屋島が磯で
源氏平家の御戦いに
平家方なる沖なる船に
的に扇を立てたるときに
九郎判官義経公は
那須の与一を御前に召され
与一あれ見よ沖なる船に
的に扇を立てたじゃないか
あれをあのまま立て置かせては
源氏末代恥辱のもとよ
あれを一矢に射落すならば
敵や味方はよい見物と
那須の与一に申されければ
畏ったと御受けを致す
御前お傍を立ちにけり
与一直ちに陣屋に帰る
与一その日の出装束は
嘉珍明石の錦を召され
白糸縅の鎧着て
五枚兜に鍬形打たせ
駒に乗りては明け三才の
奥州育ちの鹿毛の駒
金覆綸の鞍をかけ
手綱?いとりゆらりと乗りて
小松原より浪打際を
しんずしんずと歩ませければ
その日事かや屋島が磯は
風も激しく浪高ければ
的の扇も定まりもなく
与一暫く眼を閉じて
南無や八幡那須明神と
日頃念ずる氏神様を
力合わせてあの扇をば
射させ給えと念願致す
祈請かくれば早や風もなく
風もおさまり浪穏やかに
的の扇も定まりければ
与一得たりと弓矢をとりて
弓は重藤桐生の矢をば
五人張りかや十三束を
切りて放てば扇の的の
要所をぷつりと射切り
要は切れてぱらぱらと
風に誘われ二舞い三舞い
落ちて屋島の藻屑となりぬ
沖の平家は舷たたく
陸の源氏は箙を鳴らす
戦半ばに鬨の声
与一功名数限りない

                    

 

 

 

トップページへ