平家踊りの歴史

 この踊りは、寿永の昔平家終焉の哀史以来、壇之浦において御入水遊ばされた安徳天皇の霊をお慰めすると共に、平家一門供養のために源を発したと言い伝えられ、先帝祭花魁道中(せんていさいおいらんどうちゅう)と共に下関市観光行事の双璧としての由緒ある踊りとして現在に伝承されております。

三味線、音頭、太鼓、踊りの渾然一体となった速いリズムが醸し出す力強いエネルギーは、恰も関門海峡に渦巻く潮流のうねりの如く、馬関・下関の歴史を現在、そして未来へと伝えます。

 今日、この踊りは郷土芸能として広く下関市民に親しまれるばかりでなく、古くは大阪の万国博や沖縄の海洋博はもとより、国内大行事は申すに及ばず、フランスニースの国際カーニバルにも招待され、最近ではトルコ国イスタンブールにおいて開催されたジャパンウイークフェスティバル(2003年)の他、アメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国でも公演・出演するなど、その名声は国際的にも高く評価されております。

      1977年フランス ニースカーニバルより招請を受け出演。

      下関平家踊保存会の歴史スライドショー

 1975年 沖縄海洋博覧会に出演。

 

  平家踊保存会の沿革
(1984年6月 下関平家踊保存会会報 第1号発刊に寄せて)   最高顧問 福島 靖二

平家踊保存会におかれましては、このたび同人による会報発刊のご計画を承りましたが、その意欲とご熱意に対しまして衷心より敬意と、
お祝いを申し上げるとともに、貴会益々のご発展とご活躍を心から念願してやみません。
ついては、この際私に会の歴史に対して、所感を述べる機会を与えて戴いたことは、まことに光栄に存じている次第であります。
そもそもこの踊りは、平家終焉の下関地方に伝えられる盆踊りでありましたが、その太鼓の勇壮さと、情緒に富んだ踊りは天下一品で
ありました。
たまたま観光協会に籍をおいていた私はこれこそ「本市の観光宣伝の目玉にしたらどうか。」ということで同志相い計らい、後援会を組織し、
大いに宣伝に努力して参りました。
その頃、大分県日田市の近県芸能祭から招請を受け、一行を動員して乗り込んだのでありますが、挨拶にあたりどう考えても「郷土の盆踊り」
といったのではスケールが小さ過ぎて、あの勇壮な太鼓が泣くような感じがしたので、 「源平太鼓の乱打ち」とか何とかいってその場はお茶を濁したが…:。
そして考え出したのが「平家踊り」の名称であります。
ところで当地には、すでに先覚者の「王司踊り」があって、早々と県に対し、無形文化財の申請がなされており、苦慮した結果、この踊りを下関の代表芸能として売り出すためには、まず市長に平家踊保存会の会長になってもらい、各連もこれに糾合してもらって、
新しく下関平家踊保存会として再出発することになり、まず赤間神宮において藤本万次郎氏外関係者多数参加のもとに、厳かな発会式を挙行したのであります。それ以来、保存会の会長を本市の市長さんに戴いて、今日に至っています。
その後は、大阪の万国博・沖縄の海洋博、釧路の全国太鼓祭、神宮広場の日本の祭、はいうまでもなく、フランスにおける二ースのカーニバルまで招請出演し、今では全世界にその名を轟かせています。
一方、地方におきましてはこの踊りを、本市はもちろん山口県の郷土芸能として(県知事さんより選奨状を戴きました。)普及すべく公民館活動の一環として取りあげて訓練につとめ、毎年多数の卒業生を出していることはご承知の通りであります。
なお、沿革の詳細については、古老に聞いても必ずしもつまびらかではありませんが、ただ、いえることほ本市の上臈道中行事とともに安徳天皇様の御霊をお慰めする行事であるということです。
私は、二十有余年に旦る全国訪問の観光宣伝行事においてNHKを始め、各報道機関の取材に対しこの踊りは安徳天皇の御入水以来、七百何十年間連綿として続いた格調高き踊りであり、また、踊り子は平家の末喬であると説明して来たが、末だ寡聞にしてその反論を聞いたことはない。なかには、異論を称える人もありましょう。しかしながら、およそ神懸りの伝説は土地の者が信奉する限りユーモアに富んだ伝説として珍重さるべきでありましょう。
終りにのぞみ、平家踊保存会の益々のご発展と同人各位の御健闘を祈念致しまして御祝辞と致します。

壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)とは、平安時代の後期の元暦2年(寿永4年)3月24日に長門国赤間関壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた戦いである。源平合戦と呼ばれる一連の戦いの最後の戦い。「源平合戦」

屋島の戦いで敗北した平家は彦島(山口県下関市)に拠って源義経率いる源氏の水軍と戦った。明け方に戦いが始まった。当初は潮流が平氏方に有利で、また平氏はもともと瀬戸内海を本拠としており海戦に強いため、平氏方が優勢だった。不利を悟った義経は敵船の水手(漕ぎ手)を射るよう命じ、平氏方の船は身動きが取れなくなる。この戦法は当時の戦争における不文律を破るものだった。正午ごろには平氏方が劣勢になり、潮流の変化を機に源氏方が攻勢に転じる。やがて平氏方不利と見た諸将が源氏方に寝返り始め、敗戦を覚悟した平家一門は海へ身を投げた。平氏方の将、平教経から逃れるため、義経が八艘飛びをしたという逸話はこのときのものである。二位ノ尼も安徳天皇とともに入水する。平氏一門の諸将も入水し、三種の神器の1つである剣もこの時に沈んでいる。平氏方総大将の宗盛も入水するが、泳ぎが上手かったため死に切れず、源氏の兵に救い出される。宗盛は後に鎌倉へ護送されて頼朝と対面し、京へ戻る途中に斬首された。

 

下関 壇ノ浦

今は本州と九州を結ぶ「関門橋」の下

     速い潮の流れが歴史を物語る

両軍の構成

  • 源氏側
    • 総大将:陸:源範頼、海:源義経
    • 船数:800艘(吾妻鏡説)・3000艘(平家物語説)
    • 参加武将:梶原景時
  • 平氏側
    • 総大将:平宗盛
    • 船数:500艘(吾妻鏡説)・1000艘(平家物語説)
    • 参加武将:平知盛・平経盛・平教盛・平教経・平資盛・平有盛・平行盛・平時忠・平清宗・藤原景清

 

                                  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (壇ノ浦の合戦 より)

「壇ノ浦の戦い」

tatakai.jpg (350122 バイト)

 

   出典:山口県広報誌「ふれあい山口」より

下関平家踊りのルーツは、壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門の供養のための盆踊りに始まる。

 盆踊りに欠かせないのが太鼓、音頭(歌、口説き)、三味線と踊り。1960年、市内に住む盆踊りの好きな人たちが、後継者を育てること、平家踊りを広く普及させることを目的に「下関平家踊り保存会」を結成。

 

 

 

 

トップページへ